通関士勉強ブログ

詳しく書きすぎた映画の記事は非公開にしました。

期待への感謝の気持ちと、「期待外れ」と思われないかという不安が両方ある

この記事の続きです。

www.warriooorz.com

 

この採用担当者様、昨日も電話をかけてこられました。

また色々確認を受けたのですが、なんと、ワリオの書類選考を通すためのレポートを書いて上司に提出するというのです。なぜそこまで評価してくださるのか不思議です。しかも、ワリオが正直に話した内容を、面接官に不評にならない表現に変えてくださったのです。

 

電話を切った後、夕方お風呂に入ってる間に採用担当者様から着信が入ってました。でも気づいたのが夜だったので、翌日連絡することにしました。

 

今朝、始業時間を数分過ぎた頃、ショートメールを送り、昨日出られなかったお詫びと、電話待機していることを伝えました。

少しして電話が掛かってきました。電話に出られなかったことを謝ると、ワリオがショートメールを送るまでの思考を全部言い当てられてびっくりしました。しかも、ショートメールからも誠実さが分かったと言われました。

 

電話の内容は面接が決まったというものでした。上司の方々に履歴書、職務経歴書、転職サイトの職歴に載せていた作文、自作のレポートを提出して優秀な人材だとアピールしてくださったのです。

ワリオの一番の売りは誠実さだそうです。だから、面接では雑談ぽく正直に話して大丈夫だと言われました。

 

期待への感謝の気持ちと、「期待外れ」と思われないかという不安、両方あります。