通関士勉強と映画と趣味のブログ

第54回通関士試験に合格→2021年から物流の労務職

マイケル・J・フォックスの映画『ハード・ウェイ』の小説がヤフオクに2冊あり

『ハード・ウェイ』ファンなら読まないと損です!

なかなか手に入らないのでチャンスですよ!

原作ではありません。ただの小説化でもありません。

ニックとモスの絆は映画を超えてます。

描写がまるで日本の漫画みたいで、情景がありありと目に浮かびます。

なぜかニックはモスを「きみ」、モスはニックを「あんた」と呼びます。

ロビテイル氏はセリフに「……」を入れるのがうまいです。

映画との違いについて詳しく知りたい人はスクロールしていただければワリオの解説記事があります。

 

こちらは即決価格で税込110円。帯なし。

page.auctions.yahoo.co.jp

 

こちらは200円からの入札。帯付き。

page.auctions.yahoo.co.jp

 

小説について詳しく解説した記事を以下にリンク貼っときます。

www.warriooorz.com

 

⑪小説(その1~20)

⑪小説 その1 概要と取り急ぎの感想

⑪小説 その2 モスが「ニック」と呼んだのは1回だけ

⑪小説 その3 外見、自宅等の描写

⑪小説 その4 クライマックスで『らんま1/2』38巻を思い出す

⑪小説 その5 原作ではない、でも単なる小説化でもない

⑪小説 その6 メル・ギブソンほか実在する人物名と作品タイトル

⑪小説 その7 モスが軟化したきっかけは意外なシーン

⑪小説 その8 モスはブリックス警部には心を開いている

⑪小説 その9 ニック、つるしの服を買う

⑪小説 その10 ド派手な車はニックを追い払うための嫌がらせ

⑪小説 その11 『スモーキング・ガンⅡ』撮影秘話

⑪小説 その12 『スモーキング・ガンⅢ』ではジョウ・ガンも禁煙?

⑪小説 その13 ニック、初めての地下鉄に夢中

⑪小説 その14 心理学者スーザンから見たニックとモスは似た者同士 

⑪小説 その15 「シュート(話してくれ)」の意味

⑪小説 その16 ニック VS ソファベッド 

⑪小説 その17 小説のニックはフロッグ・ドッグの食べ方が下手くそすぎる

⑪小説 その18 スーザンとのランチの弁明の機会

⑪小説 その19 モスを立ちつくさせたニックの氷の目と鋼鉄の声

⑪小説 その20 映画と全然違うクライマックス