通関士勉強と映画と趣味のブログ

通関士勉強記事いったん削除したけど、やっぱり半分復元

Siriの「愛とは、理解の別名です」という言葉でアダム神父を思い出した

どうも、ワリオです。

今朝の朝日新聞に、「折々のことば」2000回記念の1ページの記事がありました。

「折々のことば」担当の哲学者・鷲田清一さんと歴史学者・藤原辰史さんの対談です。

藤原さんは、人ではないSiriのことばを取り上げていた2015年8月13日が衝撃的だったようです。 

鷲田さんの知人がSiriに「愛とは何か?」と尋ねたら、「愛とは、理解の別名です」と返され、翌日同じ質問をしたら「今日はその話はやめにしましょう」と言われたそうです。

 

「愛とは、理解の別名です」ということは 、反対に、「相手を理解しようとする=愛」ということか…

そう思ったとき、ワリオはふと『ヴァンパイア/最期の聖戦』のアダム神父の紹介文を思い出しました。

Distinguishing Features: A pure, understanding benevolent gaze

【翻訳】際立った特徴:純粋で理解のある慈悲深いまなざし

以前にも取り上げたこちらの海外ファンサイトからの引用です。

www.angelfire.com

このサイトには他にもこんなことが書いてあります。

  • バックグラウンド:マスタースレイヤーのジャック・クロウは彼をdirt(汚物)のように扱いましたが、彼は彼に非常に忠実であり続けることができました。
  • 人格:アダム神父の忍耐とsympathy(同情、思いやり、哀れみ)は、彼がニューメキシコの教会で働く男以上の存在であることを証明しました。

やっぱりアダム神父は愛の人なんだなぁ、なんて考えながら、対談記事を読むうちの母(「折々のことば」ファン)のそばを通りかかると、

「鷲田さんの言うことって、牧師さんと一緒で、心の底に落ちてくる感じ」

と言われてびっくり!まさか牧師という言葉が飛び出すとは!うちキリスト教じゃないのに。