通関士勉強と映画と趣味のブログ

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

「通関士をやりたいの?」と聞かれて「やりたい」と心から言えない

関税協会の模試を解いて、ピアノを弾こうと祖母のいる1階に行った。

通関士と税関の違いが分からない祖母から「税関から郵便来てたけど、税の仕事やりたいの?」と心配そうに聞かれた。

「…税関の仕事じゃない。通関士。やってみないと分からない」と答えた。

「(転勤で)色々なところに行かないといけないんじゃいの?ハローワークでいい求人ないの?」と心配そうに聞かれた。

「…なんで水を差すの!?なんであと1ヵ月ちょっとで試験受ける人間のやる気をそぐことを言うの!?」と怒鳴った。

図星だったから怒鳴ってしまった。

 

合格できたとしても、思いやりがない限り、また新たな地獄が始まる気がする。

今は勉強で現実逃避しているだけ。

 

もし通関士の合格と、思いやりの心、どちらかを神様からもらえるとしたら、思いやりの心を選ぶ。

 

最近、祖母とのことを書いた記事。

www.warriooorz.com