通関士勉強と映画と趣味のブログ

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

旨を記載、旨を附記、旨を登録

  • 特定輸出申告書(輸出申告書の標題を訂正)を使用する特定輸出申告

保税地域に入れないで輸出の許可を受けようとする旨を記載

 

  • NACCSを使用する特定輸出申告

関税法67条の3第1項(輸出申告の特例)に規定する特定輸出申告を行う旨を登録

 

  • 特定委託輸出申告・特定製造貨物輸出申告

関税法67条の2第1項の規定を受けないことを希望する旨を登録

(つまり、特定輸出申告を行う旨関税法67条の3第1項(輸出申告の特例)の規定の適用を受けることを希望する旨)

 

  • 暫8(加工または組立てのため輸出された貨物を原材料とした製品の減税)の規定により関税の軽減を受けようとする輸出申告

輸出申告の際に、

輸出申告書に加工または組立てのため輸出する旨を附記

②原材料の性質および形状、加工または組立ての概要等を記載した確認申告書を添付

③加工または組立てのために輸出することを証する書類を添付

 

 

  • 暫8(加工または組立てのため輸出された貨物を原材料とした製品の減税)の規定により関税の軽減を受けようとする特例輸入申告

輸入申告書に関税の軽減を受けようとする旨を記載

 

  • 特恵関税の適用を受ける特例輸入申告

特例申告書に①および②の旨を記載

①特恵関税の適用を受ける旨

②特恵原産地証明書の発給を受けている旨

記載したら、原則として特恵原産地証明書の提出は不要(必要があると税関長が認めた時は提出)。提出しなかった場合、輸入者の本店等に輸入許可の属する月の翌月末日の翌日から5年間保存。

 

  • 特恵関税の適用を受ける自国関与品または累積原産品の特例輸入申告

特例申告書に当該物品が自国関与品または累積原産品であることを記載。

特恵原産地証明書およびその証明書の発給者が自国関与品または累積原産品であることを証明した書類は税関に提出する必要はないが、提出に代えてこれらの書類等を5年間保存しなければならない。

 

  • オーストラリア協定に基づく便益の適用を受ける特例輸入申告

税関長が種類または形状によりその原産地が明らかであると認めた場合および輸入貨物が課税価格20万円以下の場合を除いて特例申告書に①または②の旨を記載

①締約国原産地証明書の発給を受けている旨

②オーストラリア協定原産品申告書を保有している旨