通関士勉強と映画と趣味のブログ

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

ハロワの担当者さんの思いやり

どうも、ワリオです。

昨日、ハロワの担当者さんに定期報告に行ってきました。ワリオに通関士の受験を勧めてくれた人です。

勉強は順調かと聞かれて、去年の試験を解いてみたら合格できたことを伝えると、「すごいじゃん!」と言われました。

 

担当者さんはワリオがしゃべりが苦手だと見抜いているので、「しゃべりが得意な僕とあなたを足して2で割ったらちょうどいいのにね」と言いました。ワリオもそう思いました。それで、これまで職場で「思いやりがない」と言われてきたこと、好きになってくれる人と仕事に支障が出るくらい嫌ってくる人に二極化することを伝えると、「僕は思いやりがありすぎて損するけどね(笑)」「気にし過ぎなんじゃない?人が良すぎるんでしょ。」と言いました。

 

ホント、足して2で割れたらいいのに。