通関士勉強と映画と趣味のブログ

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

夢にマイケル・J・フォックスが出てきて歌ってた話

どうも、ワリオです。

今日はいよいよ山寺宏一さん吹替版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の放送です。ということで、5月11日に見た夢の話をします。まだ放送の発表前なので、『ハード・ウェイ』の影響ですね。

www.warriooorz.com

 

空港の広いロビーのエスカレーターを、マイケルが女性と英語で歌いながら上がってきました。マイケルの髪はジンジャーブラウンで、黒いコートに、黒い手袋。ミュージカル映画のワンシーンのような雰囲気。

マイケルは歌いながら次の長いエスカレーターに乗ったんですが、本当は乗るはずではなかったらしく、エスカレーターの下に残った女性に謝っていました。夢の中でもコメディをやってくれるマイケル(笑)

夢とはいえ、目の前でかっこ面白いマイケルを見られて感動しました。

f:id:warriooorz:20200612160930j:plain