通関士勉強と映画と趣味のブログ

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

映司やニックのような精神的にタフな人間になりたい

どうも、ワリオです。

25日にうちの両親が喧嘩して、今も父が母にまともに口をききません。喧嘩の現場にいたワリオは、父の怒りも母の怒りも分かるのですが、父は母の怒りの原因である第1感情に気づいていない気がします。

うちの母は、下の記事でも書きましたが、口調が強いです。一緒に暮らしている祖母(母の実母)も強いです。父の日頃の我慢が、テーブルに書類を叩きつけて怒鳴るという行動に現れたのだと思います。

引きこもりのワリオは、この4日間ずっと気分が不安定です。昨晩は寝る前に号泣してしまいました。

思えば、小さい頃から祖母と祖父が喧嘩する怒鳴り声を毎日のように聞いていました。優しい祖父が、気の強い祖母に不満を爆発させていたのです。その状況が、今度は両親で繰り返されるとしたら悪夢です。

下の記事の占い師の先生に勧められた本『親に壊された心の治し方』(藤木美奈子著)にも、両親の喧嘩を見せられた子供は精神的に不安定になることが書いてあります。

 

 

喧嘩している両親の仲裁も怖くてできず、自分の部屋に引きこもるワリオは、とても弱い人間です。ワリオが『仮面ライダーオーズ』の火野映司と『ハード・ウェイ』のニック・ラングに惹かれるのは、2人が暴言を吐かれても全く落ち込まないタフな人間だからなのかもしれません。彼らのようなタフさがあれば、もっと積極的に生きられるだろうな。

www.warriooorz.com