ワリオの通関士勉強と趣味のブログ(Twitterは@warriooorz)

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

映画『ハード・ウェイ』資料集⑥パロディ、オマージュ

映画自体がマイケルのパロディ。ただ、ニックの私生活や性格はマイケルと異なる。

 

  • 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』+『インディー・ジョーンズ』+『007』のジェームズ・ボンド

ニック主演映画『スモーキング・ガン2』。マイケルをアイドルスターにした『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のように、ニックをアイドルスターにした映画の第2作。だが、ニック自身は「マンガの主人公は、もうウンザリだ。君も映画会社も僕をいつまでも子供にしておきたいんだ。大人になりたいのは僕1人だけだ!」と不満で、社会派のシリアスな映画に出たいと願う。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で高校生役を演じ続けたマイケルに通じる。マイケルはこの映画の前に『カジュアリティーズ』などのシリアスな映画に挑戦している。

 

  • 製作費は高いが中身からっぽの2や3が出るシリーズ映画

 

  • スピルバーグ監督
赤ちゃんが生まれたのでお祝いにケーキとカードを贈ることにしたが、ニックは「あいつ受賞スピーチで僕のこと言わなかった」とぼやく。

 

  • メル・ギブソン

ニックがライバル視している『リーサル・ウェポン』など刑事役で大人気の俳優。

ニックがやりたい刑事レイ・カサノブ役も、メル・ギブソンに決まりそうだと言われていた。ニックは「彼の刑事役は見飽きてるよ」と皮肉を言う。

昔はニックのファンだったスーザンの娘ボニーも、今はメル・ギブソンのファンだと言い、ニックはちょっと傷つき、モスは面白がって「俺もあいつが好きだ」と言う。

 

・『スターウォーズ』

ニックがモスを「刑事のヨーダ」とたとえる。

「ヨーダって知ってる?耳がデカくて、利口なんだ」

 

  • ディック・トレイシー
ゴム銃をつけているニックにモスが「ディック・トレイシーの真似か?」と言う。(吹替ではなく英語で観ると)

ディック・トレイシー (映画) - Wikipedia

 

  • 実物は映画で見るより背が低い

行く先々で「背が低い」と言われることに慣れている。「ニック・ラングにそっくり!」と言われたら「背が低いけど?」と自虐。

 

  • 『ファミリータイズ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

ニックの寝相が、『ファミリータイズ』から変わらないマーティの寝相

 

 

  • 『タクシードライバー』の名台詞

パトカーを運転するニックが後部座席のパーティー・クラッシャーに言うセリフ「You talkin' to me?」

情報元

 

  • 『ゴッドファーザー』の馬の生首

ニックのセリフ「馬の首をちょん切ってウサギを熱湯でゆでるぞ」

 

  • ヒッチコックの『北北西に進路を取れ』ラシュモア山のシーン
クライマックスのニック・ラングの立体看板のシーン
 
情報元1

 

情報元2

www.kashi-yan.com