ワリオの通関士勉強と趣味のブログ(Twitterは@warriooorz)

きびしい道でもゆっくり歩けば足跡が残る(by書道家・時重泰香)

仮面ライダーオーズ・火野映司とアンクがコロナヤミーと戦ってくれている

 

どうも、オーズファンのワリオです。

渡部秀くんのこのツイートに感動して涙ぐんでしまいました。秀くんはやっぱり永遠のヒーローです。

東日本大震災の年に放送されていたオーズのキャストたちは、震災後メッセージボードを書いたりしてエールを送りました。そして今回のコロナに対しても、オーズとしてメッセージをくれたのです。

しかも「手が届くのに、手を伸ばさなかったら死ぬほど後悔する。それがいやだから手を伸ばすんだ」は映司の名台詞の中でも一番好きな台詞です。紛争地域で目の前の少女を爆弾から救えなかった映司は、その後悔から目の前の人を助けずにはいられないのです。映司だったら、このコロナの状況を見たら動かずにはいられないでしょう。医者の伊達さんも世界の病院を駆け回っていると思います。

 

4月8日にはアンクからのメッセージも!

「楽して助かる命がないのはどこも一緒だな」は映司のセリフ。それをアンクが言ってるというのは衝撃です。嬉しそうな映司、いや、秀くんの顔が目に浮かびます(笑)

 

 

 

余談ですが、コロナに限らず、風邪やインフルエンザでも味覚・嗅覚障害が起こるそうですが、「味を感じられない」と聞くと映司のグリード化を思い出します。

 

「#ヒーローが子供たちを元気にする」 「#ヒーローが大人達を元気にする」で、他のヒーローたちもたくさんツイートしています。見るだけで元気をもらえました。

中村優一さんが始めて、井上正大さんに頼んだんですね。LINEのやり取りが面白い(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災のとき

www.moegame.com

 

gree.jp