仮面ライターワリオ/WARRIOOOrz

笑いと理とオーズと。大丈夫。みんなと違ってもいい。

『発達障害を仕事に活かす』(星野仁彦著・朝日新聞社)Ⅱ-8.発達アンバランス症候群(凹凸症候群)の人が社会参加していくときのコツ

小・中学校までに発達障害と診断された児童生徒は、通級指導教室でSST(社会性スキルトレーニング)を受けられるが、成人になって分かった人はその訓練を受けないまま社会に出てしまったことになる。

 

SST(社会性スキルトレーニング)

人とのコミュニケーションの基本の指導

  1. 視線
  2. 声の大きさ
  3. 表情
  4. 態度
  5. 距離
  6. 相手の様子

 

社会で気をつけるルール

  • 身なり
  • 言葉遣い
  • 話の内容
  • 話をするときの態度
  • いきなり会話を始めていないか(クッション言葉が必要)

 

社会人のイロハ

  1. 周囲の人に今の状況を確認するクセをつける
  2. 社内のルールを具体的に教えてもらう
  3. スケジュール管理のクセをつける
  4. 自分専用の作業マニュアルをつくる
  5. 上着ポケットに手帳をいれておき、やるべき仕事の優先順位、期限、アイデアをメモする
  6. じっとすべき時にじっとできるよう対策を取る
  7. イライラしてキレやすくなる苦手な状況や時間を具体的に把握し対策を考えておく