仮面ライターワリオ/WARRIOOOrz

笑いと理とオーズと。大丈夫。みんなと違ってもいい。

姫野桂・OMgray事務局著『発達障害グレーゾーン』第3章「グレーゾーン限定の会」は、なぜ生まれたのか?

OMgray事務局主催者オムさんのぐれ会!起ち上げ経緯】

大学生の頃から自分はADHDではないかと疑っていた。

悩み:人とあまり話さず、友達なし。先延ばし癖があり、試験一夜漬け。飲み会で盛り上がれない。

22歳、大学病院で検査を受け、「ADHDの傾向があるね」と言われ、どうすればいいの?と正直なところ思った。

就活がリーマン・ショックの年だったので、話し方教室に通って、多いときは毎週6時間くらいプレゼンテーションの練習。

内定後、薬代わりにADHDにいいというフィッシュオイルなどのサプリや大豆製品を積極的に摂取したが、全然効かなかった。

できないことが多い自分が社会に出ることに不安を感じ、当事者会に参加。

「この人だ!」と思た人から、血の滲むようなテクニックを学んで血肉を得た。

当事者会の先輩に、「どんな業種でも必要なのは会計だから簿記をやりなさい」と言われ、毎週先輩の家で習った。

また、「通勤時間が1時間もあるなら本や新聞を読みなさい」と言われ、実行。

いろんな当事者会に参加するも、正反対の特性を持つASDの人には共感できないことも多かった。

ある日「ADHD交流会」に参加したらしっくりきて楽しかった。

同じ障害でも症状や特性によってコミュニティを分けたほうが効果的と確信

2017年8月「グレーゾーンのための問題解決シェア会」開始

     ノウハウを共有する勉強会

2018年3月「ぐれ会!」開始

     ただグレーゾーンの人でおしゃべりするだけのコンセプト

 

【参加条件】

診断がおりていない人

参加後に診断がおりたら要相談

 

【発達障害の認知度が上がったきっかけの書籍】

『片づけられない女たち』(サリ・ソルデン著/WAVE出版)

 

【カミングアウトについて】

  • 特に女性は、家族から「発達障害の傾向なんてないだろう」と言われたり、母親とうまくいっておらず頑張って折り合いをつけようとしていたりするケースがとても多い。
  • 家族が発達障害の番組を見たり本を読んだりして、「あなたこれじゃない?」と理解を得られた人もいる。
  • 入社時「業務に支障をきたす障害や病気を持っていない」という書類にサインをしていると、会社に話せない。
  • 信頼している上司にだけ打ち明けて、分かってもらえた人もいる。
  • カミングアウトするなら、具体的な手助けの方法や自分にできることを示す必要がある。一方的に理解を求められたら相手は混乱する。
  • 人間関係はギブ&テイク